ダイエットしても痩せない原因がこれ!「デブ菌」の正体

このデブ菌の正体は何なのか気になる所ですが、今の所ハッキリとした事はまだ分かっていません。

 

ただ定義するとすれば、腸内細菌の中にある悪玉菌の塊、と考えれば分かりやすいです。

 

デブ菌

 

悪玉菌だけでも身体に悪い影響になると言われているのに、その塊となっては、どれ程身体に悪影響を及ぼしてくるのかは一目瞭然です。

 

 

このデブ菌は、本来は身体の外に排出されるべき脂肪や毒素などを溜め込んでしまうという性質があります。

 

そうなると、ダイエットをしても痩せにくい体質になってしまいますし、今は痩せている人でも段々と太りやすい体質へと変化していってしまうのです。

 

 

では、このデブ菌を減らす為にはどうすれば良いのか、それはやはり腸内環境を整える事が一番です。

 

実は、悪玉菌は、善玉菌とのバランスが取れていれば悪さはしない菌なのです。

 

つまり、善玉菌を増やす事がデブ菌を減らしていく有効な手立てとなります。

 

デブ菌

 

善玉菌を増やす方法としては、食事やサプリメントなどの方法があります。

 

日々の食事を改善し、足りない部分をサプリメントで補う方法が良いとされます。

 

 

食事としては、食物繊維を多く含む、豆類や海藻類やキノコ類を取り入れたり、オリゴ糖を多く玉ねぎ、ゴボウ、アスパラガスなどを積極的に摂取していく事がオススメです。

 

また、善玉菌を多く含むヨーグルトやチーズや味噌を習慣的に食べるのもかなり効果的です。

 

あまり摂りにくい食材ではないので、日々の食事にも取り入れやすいです。

 

 

少しの意識改革で、デブ菌を減らし、体内から綺麗な身体を作っていけます。

 

 

ダイエットしてもなかなか効果が出ない、最近少し太ってきた、という人は、このデブ菌が原因となっている可能性があります。

 

一度食生活を見直してみると、また以前のような健康的な身体に戻る近道になります。

 

デブ菌と肥満の関係

「デブ菌!何それ!」と思われた方、デブ菌とは正式な菌の名称ではありません。

 

人間の腸内に存在する細菌の一部を分かりやすく呼んだのが「デブ菌」です。

 

少し説明すると、人間の腸内には、100兆個ともいわれる程の腸内細菌がいて、それらを大きく分けて“バクテロイデーテス類”と“ファーミキューテス類”と言います。

 

デブ菌

 

この2つの類の細菌、が腸内細菌の大部分を占めています。

 

アメリカの研究員たちの調査で、「肥満の人は腸内に“ファーミキューテス類”を多くもち、食べ物を消化吸収する能力が高い」ということが判明しました。

 

そして、肥満の人がダイエットをすると、“ファーミキューテス類”“バクテロイデーテス類”のバランスが変わることも確認されています。

 

日本ではこの発見を、理化学研究所の辨野義己先生が「デブ菌」「ヤセ菌」という言葉を用いてテレビ番組で説明されたことにより話題になっています。

 

デブ菌

 

腸の役割は、みなさんもご存じのとおり「水分・栄養分の吸収」です。通常、食べたものが100%吸収されるわけではなく、20%程度は不要なものとして体外に排出されます。

 

ですが、腸内細菌のバランスが崩れてデブ菌寄りになると、通常では体外に排出されるはずのものまで、体内に吸収されため込まれてしまい体重の増加・痩せにくい体質の原因になっていると考えられます。

 

また、このデブ菌は“うつる”ことがあります。

 

と言っても、親と子といった血縁関係がある場合の“遺伝”のみです。

 

夫婦や友人など、遺伝的支配の無い関係において“伝染”することはありません。

 

でも安心してください。

 

腸内環境は、食生活を見直すことによって改善できます。

 

デブ菌

デブ菌

 

腸内環境にヨーグルト!は以前から有名ですが、野菜を多めにとるのもおすすめ。

 

辨野先生が、デブ菌を減らすのに有効な食材として紹介していたのは「納豆」でした。

 

納豆菌は生きたまま腸に届いて、腸内を整えてくれるそうです。ちなみに、理想的な菌のバランスは、「デブ菌:ヤセ菌=4:6」なんだとか。

 

ダイエットをしているのになかなか効果が出ない、という方。一度、腸内環境に目を向けてみてはいかがでしょう。

 

痩せないのは「デブ菌」と言われる腸内フローラが原因

腸内フローラとは、腸の部分にまるで花畑のように菌が存在している部分を指します。

 

この部分には善玉菌や悪玉菌などの、腸内細菌がたくさん住んでおり、バランスを保つことで、身体の健康を守っています。

 

しかし、この腸内フローラの環境が悪化することで、増えてしまうのがデブ菌と呼ばれるものです。

 

デブ菌が問題になるのは、余計な栄養までこの菌の働きにより、貯めこんでしまうことです。デブ菌が腸内に常駐することで、同じ量を食べているのに、他の人よりも太りやすい体質になる危険があります。

 

デブ菌を減らせば、痩せやすい健康的な身体を手に入れることができます。手段として最も簡単なのが、腸内フローラの環境を整えることです。

 

善玉菌が悪玉菌よりも多い状態にすることで、環境を整えることが可能です。

 

善玉菌はビフィズス菌や乳酸菌が該当します。

 

これらの善玉菌はストレスなどで簡単に減少する性質を持っていますので、食品から定期的に摂取する対策が有効になります。

 

善玉菌が豊富な食品の代表例が、乳酸菌をたっぷりと含んだヨーグルトです。

 

ヨーグルトを毎日のように摂取し続ければ、善玉菌を増やすことができます。

 

しかし、普通のヨーグルトでは、腸まで効率よく乳酸菌が届かない場合がありますので、腸にまで乳酸菌を届けられる、高機能なヨーグルトを選ぶことが重要になります。

 

ヨーグルトの他にも、オリゴ糖を摂取することで、より多くの善玉菌を増やせるようになります。

 

オリゴ糖は善玉菌の餌になる糖分で、スーパーなどでも簡単に購入できます。

 

ヨーグルトに直接かけて摂取すると、甘みを楽しみながら体内に取り込めるようになります。

 

毎日のようにヨーグルトやオリゴ糖を摂取するのが難しいなら、サプリメントの利用がおすすめです。

 

水で摂取したり、噛み砕くだけで、手軽に大量の乳酸菌を体内に取り入れることが可能です。

 

これらに加えて、ストレスや生活習慣を改善すると、デブ菌の繁殖を防げます。

 

デブ菌と肥満は遺伝それとも体質か?

近年デブ菌と呼ばれる菌が体内にいることで、太りやすくなったり、逆にデブ菌が少ないことで痩せやすくなるといったことが言われていますが、このデブ菌とはどのようなもので、遺伝したりするものなのでしょうか見ていきましょう。

 

そもそもデブ菌と呼ばれるものは存在しているのかといいますと、これは存在しています。この菌があると体に必要のない栄養素を溜め込んでしまう腸内細菌のことです。

 

この菌は誰でもデブ菌とヤセ菌を持っていて、このデブ菌とヤセ菌のバランスによって太りやすい体質か痩せやすい体質かに分けることができます。

 

ではこの菌は感染したり遺伝したりするのでしょうか見ていきましょう。まず感染に関してはすることはありません。ですので夫婦間や他人に感染したりすることはありません。

 

遺伝に関してはしてしまうようで、両親のどちらかだ肥満の場合には、その子供もまた肥満になってしまう傾向にあるようです。

 

またこんな事例もあって痩せている母親に治療の為、太っている娘の大便移植をした結果、痩せていた母親が太りだしたといったこともありますので、このことから考えても体型に腸内細菌が大きく関係していることが分かります。

 

まだデブ菌やヤセ菌がどの腸内細菌なのか分かってはいないのですが、バランスが重要なことは判明していて、デブ菌が4に対してヤセ菌が6が最も良いバランスとなります。

 

ではどのようにすればバランスを整えることができるのか見ていきましょう。腸内細菌のバランスですので、当然のことながら食べ物で改善することができます。

 

最も効果的といわれているのが納豆ですが、中には納豆を食べても改善しない方もいるようで、これは腸内細菌は1000種類以上もいるのですが、解明されているのは3割程度だからです。

 

では納豆を食べても改善しない方はどのようにすれば良いのかといいますと、一般的に言われている腸に良いとされている発酵食品や食物繊維が豊富な食材を摂取すること改善していきます。

 

更新履歴